東洋医学
(漢方外来/はり・灸)

東洋医学とは

東洋医学は「未病」を治すという考えがあります。

灸の治療イメージ

筋肉、神経、血液循環、内臓、精神といった所の働きを回復させ、身体の意欲を引き起こすという目的で治療します。各個人の体質や性格などに合わせて、予防医学的なやり方もあります。是非、ご相談ください。

はり・灸について
(予約制)

当院では、はり・お灸の治療(予約制)を行っています。
下記の症状などでお悩みやお困りの方は、はり治療をお勧めします。一度、ご相談ください。

症状

  • 腰痛
  • 頭痛
  • 冷え
  • 疲労倦怠感
  • 膝痛
  • 肩こり
  • のぼせ
  • 五十肩
  • めまい
  • 食欲不振
  • 神経痛
  • 不眠
  • 風邪をひきやすい

この他、不定な症状を抱えてお悩みの方、慢性的な症状が抜けきれない方、虚弱体質や加齢に伴う諸症状でお困りの方など

ご予約・お問い合わせはこちら
03-3709-3281

漢方外来について
(予約制)

漢方医学は2000年以上もの時間をかけて確立されました。気の遠くなるような長い年月と、世代を超えた無数の臨床経験を経て、本当に効くものだけが受け継がれています。わずかに数年の治験を経て発売される新薬とは、その歴史の重みが違います。ただし、漢方は効かせることが難しい治療法とも言えます。誰が処方しても一定の有効率であることがエビデンス(医学的根拠)として求められる新薬(西洋薬)とは異なり、漢方はあくまでも証の合った人にしか効果を期待できません。しかも、その証の判断にはある程度の知識と経験が求められます。
当院の漢方外来では、総合内科専門医と漢方専門医という東西医学の専門医を併せ持った医師が、ひとりひとりの証を的確に診断し、最適な漢方薬を処方するように心がけています。さらに、担当医は脳神経内科専門医でもありますので、頭痛やしびれ、眩暈といった脳神経領域の診療も得意としています。
西洋医学的治療だけでは症状が取り切れず、体調がすっきりしない場合に当クリニックの漢方外来をご検討下さい。

漢方医学は一人ひとりの体質に合った薬で、体の歪みを調整し、心身のバランスをはかります。 次のような症状や疾患は漢方治療に向いています。

  • 冷え性
  • 月経不順
  • むくみ
  • アトピー性皮膚炎
  • 胃腸障害
  • 月経痛
  • 肩こり
  • アレルギー性鼻炎
  • 便秘
  • 不妊症
  • 腰痛
  • 疲れやすい
  • 自律神経失調症
  • 頻尿
  • 風邪をひきやすい
  • 頭痛
  • 蕁麻疹
  • 更年期障害
  • めまい
  • にきび
  • その他諸々の慢性疾患など
ご予約・お問い合わせはこちら
03-3709-3281